ソフトバンク:アローラ氏に315億円支払い、副社長として2年在籍

ソフトバンクグループは28日発表した決算資料の中で、先に副社長を退任したニケシュ・アローラ氏に巨額の退任費用を計上したことを明らかにした。同氏の在職2年間の報酬総額は315億円に上る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。