英住宅市況は短期的に軟調へ、EU離脱選択で-ネーションワイド

  • 7月の住宅価格は前月比0.5%値上がり、前年同月比では5.2%上昇
  • 基調的トレンド分析には時間かかる

英国の住宅市況は6月の国民投票での欧州連合(EU)離脱選択を受け、短期的にある程度弱まる可能性がある。英住宅金融のネーションワイド・ビルディング・ソサエティーが指摘した。基調的なトレンドを完全に分析するには時間がかかるとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。