中国トップは資産バブル警戒、金融当局タカ派にも-ゴールドマン

  • ゴールドマンが共産党政治局会議後の声明を分析
  • 「政治局の声明での資産バブルへの言及は新しい」と指摘

中国の最高指導部は、不動産市場の鈍化が続いたとしても、追加緩和措置に対し警戒感を示す可能性があることを示唆した。米銀ゴールドマン・サックス・グループのエコノミストらは共産党が習近平国家主席(党総書記)の主宰で今週開いた政治局会議後の声明を分析し、こうした見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。