仏BNPパリバ:4-6月利益、ほぼ横ばい-低金利響く

更新日時
  • 低金利の影響でコンシューマーバンキングが振るわず
  • 債券トレーディングは大幅に伸びたが株サービスの売り上げ減少

フランス最大の銀行、BNPパリバの4-6月(第2四半期)決算は、利益がほぼ横ばいとなった。債券トレーディングは大幅に伸びたが、株関連サービスの売り上げ減少で相殺された。また低金利の影響でコンシューマーバンキングが振るわなかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。