ゴールドマンの元同僚にアプローチ、新会社設立したコール氏-関係者

  • 投資銀行業共同会長だったコール氏がNJ州プリンストンで新会社
  • 元ゴールドマンのアイバン・ロス氏が幹部の1人-FINRA

米銀ゴールドマン・サックス・グループで投資銀行業共同会長を務めたクリス・コール氏が、企業の合併・買収(M&A)について助言する新会社を始めた。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  コール氏(57)の私的な計画だとして匿名を条件の関係者が述べたところによれば、同氏はゴールドマンの複数の元同僚に対し自身の新会社で共に働かないかと打診している。

  米金融取引業規制機構(FINRA)の記録では、新会社はニュージャージー州プリンストンを拠点とするアルデア・パートナーズとして登録されており、関係者によると、プライベートエクイティ(PE)投資会社のように顧客と共に投資する可能性もある。

  FINRAへの届け出では元ゴールドマンのアイバン・ロス氏がエグゼクティブオフィサーの1人となっている。コール、ロス両氏は26日、コメントを控えた。

原題:Cole Said to Approach Ex-Goldman Colleagues to Start Venture (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE