米ベライゾン、約6500億円相当の社債発行へ-債務借り換えなどが目的

  • ドル建て投資適格債の米国債への上乗せ利回りは昨年6月以来の低さ
  • 30年物の利率は米国債を約1.9ポイント上回る、当初に比べて有利に

無線通信で米最大手のベライゾン・コミュニケーションズは、61億5000万ドル(約6500億円)相当の社債を発行する。ドル建て投資適格債の米国債に対する上乗せ利回りは約1年ぶりの低さとなっており、こうした市場環境を生かす。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。