中国株:上海総合指数、小幅高-前日の下げは行き過ぎとの見方広がる

更新日時
  • 自動車株と公益銘柄が高い、創業板指数は続落
  • 香港のH株指数、ハンセン指数は共に下落

28日の中国株式市場では、上海総合指数が午後に入り上昇に転じ、小幅高で取引を終えた。6週間ぶりの大幅安となった前日の下げは行き過ぎとの見方が広がった。自動車株と公益銘柄が買われた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。