GPIF:オムロンやエーザイ、日産など約10社と会合、海外年金とも

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は中長期的な株式投資収益の拡大を図るため、内外の関係者と二つの定期的な会合を新設する。国内企業と定期的に意見交換をする場を作る一方、外国株式の運用については海外の主要な公的年金基金から知見を吸収する機会を設ける。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。