トヨタ:1-6月の世界販売で首位●●、●万台-独VW●回る

今年1ー6月の自動車世界販売台数で、トヨタ自動車は独フォルクスワーゲン(VW)を下回り、首位から陥落した。

  トヨタ広報担当の土井賀代氏によると、1ー6月のダイハツ工業、日野自動車を含むグループ世界販売は前年同期比0.6%減の499万2000台だった。すでに公表しているVWは同1.5%増の511万7000台、米ゼネラルモーターズ(GM)が同1.2%増の475万8000台となっている。

  トヨタの1ー6月のグループ世界販売のうち、国内は同0.2%減の112万3000台、海外が同0.7%減の386万8000台だった。トヨタグループでは今年、事故や地震で国内部品会社の生産停止が相次いだ。1月の愛知製鋼・知多工場の爆発事故や、4月の熊本地震によるアイシン精機の現地子会社の操業停止を受けて、トヨタは国内工場の稼働一時停止を繰り返していた。

  トヨタは2012年から15年まで年間で首位の座を続けてきた。昨年の1-6月はVWが僅差で首位となったが、同1-9月はアジアや南米で大きく落ち込んだVWに対してトヨタが首位を奪還。VWでは昨秋に米国でディーゼルエンジンの排ガス規制逃れの不正問題が発覚し、その後の販売が低迷していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE