ドイツ銀に「競争上の優位性」、英EU離脱決定で-クライアンCEO

  • ロンドンとフランクフルトに主要拠点あるため顧客対応場所に柔軟性
  • ロンドンに欧州本社置く銀行は離脱後のEU市場アクセスを懸念

ドイツ銀行のジョン・クライアン最高経営責任者(CEO)は27日、主要拠点がロンドンとフランクフルトにあり、英国の欧州連合(EU)離脱交渉が英国のバンカーにどう影響するか次第で顧客対応の場所に関して柔軟性を持たせることができるため、同行には「競争上の優位性」があるとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。