日銀会合注目点:追加緩和はあるか、手段は-政府経済対策との協調は

  • エコノミスト調査では8割が緩和を予想-ETF買い増しに高い期待
  • 現状維持のハードル高いと武藤氏-白川氏は追加策「温存」の見方

日本銀行は29日の金融政策決定会合で政策運営方針を決定する。1月末のマイナス金利導入以来、半年ぶりの追加緩和に踏み切るかどうか、その場合はどのような手段を打ち出すかが焦点だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。