野村HD:第1四半期32%減益、市場混乱が響く-1年ぶり海外黒字

更新日時

野村ホールディングスの4-6月(第1四半期)連結純利益は、前年同期比32%減の468億円となった。英国の欧州連合(EU)離脱決定後の市場混乱などが響き、国内営業(リテール)部門を中心に振るわなかった。海外事業は4四半期ぶりに黒字を確保した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。