アクサが日本不動産ファンドを清算、収益2割超も価格ピーク間近か

更新日時
  • 日本のオフィスビルは今は売り手が優位、とアジア部門代表が発言
  • 今年上期の外資系法人の不動産取得額は前年比9割減-民間調査

仏保険大手アクサ傘下の不動産運用会社は、2012年からの運用開始以来、2割以上の収益率を上げた日本の不動産投資ファンドを清算した。足元の日本経済は弱いとみており、新たな不動産ファンドの組成を急ぐ考えはないという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。