ソフトバンク:4-6月期純利益が増加-アリババ株売却益計上

更新日時
  • 英アームはマネジメント変えず、長期的には関与-孫社長
  • 米スプリントに「V字回復のめど」-孫社長

ソフトバンクグループが28日発表した4-6月期の純利益は前年同期比19%増の2542億円となった。国内通信事業が順調に収益を上げ、米携帯電話子会社スプリントも回復の兆しを見せた。

  営業利益は同0.2%増の3192億円、売上高は同2.9%増の2兆1265億円となった。中国の電子商取引最大手、アリババ・グループ・ホールディングの一部保有株の売却益として2042億円を計上した。2017年3月期の見通しについては、未確定要素が多いとして開示しなかった。

  ソフトバンクは今月、英半導体設計会社アーム・ホールディングスの全株式を総額約240億ポンド(約3兆3000億円)で取得すると発表した。さまざまな製品がインターネットにつながるIoT時代の中核会社となるという。買収にはアリババの株式を売却して得た資金などを充てるほか、みずほ銀行から最大1兆円を借り入れる。

  孫正義社長は28日の会見で経営再建中のスプリントについて「減損しないといけないかと思ったが、円換算すると投資額を上回った」とし、「V字回復のめどが見えてきた」と話した。スプリントはセグメント利益は減少したものの調整後EBITDA(利払い・税金・減価償却・償却控除前利益)は前年同期比4.8%増加した。アームについては今までのビジネスモデルやマネジメントは変えるつもりがなく、孫社長自身が中長期戦略については関わる考えという。

ヤフー

  アームはスマートフォンやタブレットなどに使われる半導体の設計で世界最大手。米アップルの「iPhone(アイフォーン)」など世界のスマホの95%以上は、アームが設計した半導体を内蔵しており、省電力や防犯といった点に強みを持つ。アームのウェブサイトによると、同社は1990年10月に英ケンブリッジに設立され、英国中心に2200人以上の社員が在籍する。

  また、傘下のヤフーの株式を保有する米ヤフーについて孫社長は、保有株売却の話は来ていないとし、提示があれば日本のヤフーで検討すると述べた。米ヤフーは中核のウェブ事業を米最大の携帯電話サービス会社、ベライゾン・コミュニケーションズに約48億3000万ドル(約5100億円)で売却することに合意した。

  アーム買収発表前の6月、ソフトバンクはアリババの保有株式の一部やフィンランドのゲーム開発会社スーパーセル、ガンホー・オンライン・エンターテイメントの売却を相次いで発表し、売却額は総額2兆円近くに達した。売却を主導したニケシュ・アローラ元副社長は、孫正義社長の後継者とみなされていたが、孫氏が社長を続けることにしたため、退社した。

(第5段落に孫正義社長のコメントを追加しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE