日本株反落、FOMC後の円高と日銀判断待つ-金融、内需中心売り

更新日時

28日の東京株式相場は反落。米連邦公開市場委員会(FOMC)後の円高が嫌気されたほか、日本銀行の政策発表をあすに控え、目先のポジションを落とす売りに押された。銀行や証券など金融株、電力や陸運、サービスなど内需株、空運株中心に幅広い業種が安い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。