NY銅先物:1カ月ぶり大幅安-米耐久財受注の減少や原油安を嫌気

27日のニューヨーク銅先物相場は約1カ月ぶりの大幅な下落。米耐久財受注の減少や原油の値下がりを嫌気した。

  6月の米耐久財受注統計では、全耐久財受注額が前月比4%減。減少幅は市場予想を上回り、2014年8月以来の大幅なマイナスとなった。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物9月限は前日比1.8%安の1ポンド=2.185ドルと、6月24日以来の大幅な下げとなった。
 
  ロンドン金属取引所(LME)では銅、鉛、亜鉛が下落した一方で、ニッケルとスズは上昇。アルミニウムは変わらず。

原題:Gold Gains as U.S. Durable Goods Data Underscore Growth Concerns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE