米国株:総じて下落、FOMCは金利据え置き-決算や原油が材料

更新日時

27日の米国株は総じて下落。企業決算や原油安が大半の個別株の方向性を決める主な手掛かりとなった。米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明を受け、投資家は利上げ時期を見極めようとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。