トランプ氏、ロシアに侵入呼びかけ-クリントン氏のメール探してほしい

米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏は27日、ロシアのプーチン大統領に「会ったことは一度もなく」、「ロシアとは一切関係がない」と述べた。さらに米民主党全国委員会(DNC)の電子メール流出にロシアが関与したとの確信はないと続けた。

  さらにトランプ氏はロシアに対して、対立する民主党候補ヒラリー・クリントン氏の電子メールアカウントに侵入し、クリントン氏が私用だとして削除したメールを入手するよう求めた。トランプ氏はトランプ氏は遊説先のマイアミで記者団に対し、「ロシアよ、私の話を聞いているならば、消された3万通の電子メールを探し出してくれることを望む」と語った。

  クリントン氏のアドバイザーを務めるジェイク・サリバン氏は声明を発表し、トランプ氏の発言内容は前代未聞であり、「好奇心で片付けられる問題や、政治的な問題のレベルを飛び越え、国家安全保障にかかわる問題だ」と非難した。  

原題:Trump Says He Hopes Russia Finds Dirt on Clinton in Her E-Mail(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE