NY外為:ドルは下落、FOMC緩やかな利上げ強調-対円で上昇

更新日時
  • FOMC発表直後はドル上昇、その後反転-対円では上げ幅削る
  • FOMC、リスク後退と労働市場の改善を認識

27日のニューヨーク外国為替市場でドルは対ユーロで下落。米連邦公開市場委員会(FOMC)は政策金利を据え置くとともに、緩やかなペースで金融政策を引き締める意向をあらためて示すにとどめたため、市場では年内利上げへの疑問が高まった。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は上昇分を消して、低下した。FOMC声明は「経済情勢がもっぱらフェデラルファンド(FF)金利の緩やかな引き上げに限って正当化する形で改善される」との認識をあらためて示した。

  雇用や小売売上高、鉱工業生産に関するデータが経済の成長見通しを押し上げ、利上げの確率が高まるとの期待が市場で広がり、この1カ月はドルが上昇基調にあった。ここに来てドルが軟化したのは、日本銀行や欧州中央銀行(ECB)との政策金利差がこれ以上広がるとの兆候が新たに現れなかったためだ。

  モントリオール銀行の外為戦略グローバル責任者、グレッグ・アンダーソン氏(ニューヨーク在勤)は「声明に示された当局の認識のどこにも、行動を約束するものはなかった」と指摘。「FOMCの結果に対する最初の市場の反応は、多少なりとも9月利上げの確率が高まったという受け止め方だった。声明を読み込むうちに、そのような内容ではないことが分かった」と述べた。

  ドルはFOMC発表直後に対ユーロで上昇したが反転、ニューヨーク時間午後5時現在では0.7%安い1ユーロ=1.1058ドル。対円では0.7%上昇の1ドル=105円40銭。

  金利先物市場に織り込まれている年内利上げの確率はわずか45%。この確率は次回利上げ後に実効FF金利が目標レンジの中央値になるとの想定に基づく。年内のFOMC会合は残すところ3回。次回は9月20-21日に開催される。

  スタイフェル・ニコラウスのチーフエコノミスト、リンゼー・ピエグザ氏(シカゴ在勤)は電話取材に対し、この日の市場でドルが一時上昇したのはFOMCへの「反射的な動き」であって、声明の解釈が進むにつれて反転したと指摘した。

原題:Dollar Tumbles as Fed Stresses Gradual Path for Interest Rates(抜粋)

(第3段落以降を追加し、相場を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE