FOMC:金利据え置き-リスクは後退、労働市場に一定の改善

更新日時

米連邦公開市場委員会(FOMC)は26、27 両日に開催した定例会合で政策金利据え置きを決定。会合後に発表した 声明で「経済見通しへの短期的なリスクは後退、労働力の活用が一定の 増加を示した」と指摘、利上げに向けて状況が改善されているとの見方 を示唆した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。