SABミラー、ABインベブとの統合作業停止を指示-関係者

更新日時

英ビールメーカー、SABミラーは、同社の買収を目指しているベルギーのアンハイザー・ブッシュ(AB)インベブとの統合作業を停止した。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  匿名を希望したこの関係者によると、SABミラー経営陣は従業員に宛ててこうした指示を通達した。ABインベブ、SABミラーともコメントを拒否した。

  ABインベブはポンド安に対応し、SABミラーの買収額を引き上げたばかり。だがアバディーン・アセット・マネジメントなどの投資家は新たな買収価格でもSABミラーの価値が過小評価され、株主が公平に扱われていないとして、引き続き提案は受け入れられないとの姿勢を示していた。

  SABミラーは26日、ABインベブの新たな買収案について取締役会が株主に諮り、その後発表する方針を明らかにしていた。

  SABミラー傘下の伊ぺローニ、蘭グロールシュなど欧州4社を買収する契約を4月に締結したアサヒグループホールディングスの広報担当、曽我拓生氏は「進展を注視していく」と電話取材で述べた。現時点で同買収計画を変更する予定はないという。同買収はSABミラーとABインベブの合併が条件となっている。

原題:SABMiller Said to Order Halt to AB InBev Integration Work (1)(抜粋)

(アサヒGHのコメントを最終段落に加えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE