欧州株:1カ月ぶり高値、決算好感でLVMHとサンタンデール銀高い

27日の欧州株式相場は上昇し、指標のストックス欧州600指数は1カ月ぶり高値を付けた。

  フランスの高級ブランド、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンや、イタリアの電話会社テレコム・イタリア、スペインのサンタンデール銀行の決算が好感され、ストックス600指数は一時前日比0.8%高となった。だが原油安を背景に上げ幅を縮め、0.4%高の342.74で引けた。西欧市場ではフランスとスペインの株価指数の上げが目立ち、それぞれ1%余り値上がりした。

  ランプ・アセット・マネジメント(デュッセルドルフ)で3億ユーロ相当の資産運用に携わるミヒャエル・ボイシュネック氏は「好決算が相場を一段高にした。銀行を除けば、4-6月の欧州企業は順調で、状況は落ち着くだろう」と述べた上で、「だが、米金融当局が2日間の会合を経て発表する声明の内容に注目する必要があるほか、29日には銀行ストレステストの結果も明らかになる。まだかなり多くの材料がある。この日は楽観が支配的だった」と語った。

  個別銘柄では、仏自動車メーカーのプジョーシトロエングループ(PSA)が9.3%上げ、自動車株指数は業種別19指数の中で上昇率首位となった。航空機メーカーのエアバス・グループは4.5%上昇。四半期利益がアナリスト予想を上回った。

原題:Europe Stocks Hit One-Month High After LVMH, Santander Earnings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE