任天堂がポケモンGO収益化の機会逃す、機器発売を9月に延期

更新日時
  • 予定生産量がゲーム人気に比べ少な過ぎた可能性-アナリスト
  • 4-6月期は円高重荷で245億円の純損失、市場予想超える赤字

世界的な社会現象を引き起こしたスマートフォンゲーム「ポケモンGO」と連携して遊ぶ機器「ポケモンGOプラス」の発売が、準備の遅れにより当初予定の7月末から9月にずれ込む。任天堂が27日に発表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。