三菱自:7月の軽自動車受注は昨年比2倍近い-関係者も購入に協力

三菱自動車では燃費不正問題で生産・販売を一時停止していた軽自動車の販売が急回復しており、販売を再開した7月の受注が前年同月に比べ2倍近くになっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。