中国が資産運用商品の規定強化を検討、市場規模370兆円-関係者

  • 銀監会は中小銀行の理財商品事業への関与制限を提案と関係者
  • 規定草案に関して銀行側の意見を求めている-変更の可能性も

中国銀行業監督管理委員会(銀監会)は本土の資産運用商品市場に対する規定強化を提案している。事情に詳しい関係者が明らかにした。いわゆる「理財商品」の市場規模は3兆5000億ドル(約370兆円)に上り、政府はシャドーバンキング(影の銀行)に関連するリスクの抑制を図っている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。