エールフランス:テロが旅行需要を圧迫と警告-観光立国の地位脅かす

欧州最大の航空会社、フランス・オランダ系エールフランス・KLMグループは、政治と経済をめぐる不透明感が旅行需要の重しとなっていると警告した。とりわけパリや南仏で発生したテロ攻撃が観光立国としてのフランスの立場を脅かしていると懸念を表明した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。