アジアのヘッジファンドを襲う償還請求、世界最悪-イーベストメント

  • この地域のファンド資産は1-6月に資産の10%を失う
  • 償還請求の圧力は2011年半ば以来の規模

アジアに本拠を置くヘッジファンドはここ5年で最悪の償還請求圧力にさらされていると、データ提供会社イーベストメント(米ジョージア州アトランタ)が26日付リポートで明らかにした。投資家が資金を引き揚げ、この地域の業界資産は今年1-6月(上期)に約10%減少したという。

  同リポートによると、上期にアジアのヘッジファンド運用会社は63億ドル(約6650億円)の資本流出に見舞われた。これは同期間としては世界全体でみて最悪という。アジアの業界資産規模を549億ドルと見積もるイーベストメントはまた、同地域からの純流出はこれで6月まで7カ月連続となり、過去10カ月でみれば9カ月がマイナスだったとも指摘した。

原題:Hedge Funds in Asia Worst Hit by Redemptions, eVestment Says(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE