欧州エアバス:4-6月は4%減益-輸送機関連など費用計上が響く

欧州の航空機メーカー、エアバス・グループの4-6月(第2四半期)決算は4%減益となった。最新ジェット旅客機である「A320neo」と「A350」の納入が遅れたほか、輸送機「A400M」のギアボックス不具合に伴う修理コストとして10億3000万ユーロ(約1200億円)の費用を計上した。

  27日の発表資料によると、一時的な項目を除いたEBIT(利払い・税引き前利益)は11億8000万ユーロと、前年同期の12億3000万ユーロから減少。アナリスト予想は10億5000万ユーロだった。ワイドボディー機A350関連で3億8500万ユーロの費用も計上した。

原題:Airbus Profit Falls as Production Setbacks Undermine Key Models(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE