南アは観光客にとって「格安市場」-通貨ランドの下落で

  • アフリカ大陸以外からの観光客、1-5月に19%増加
  • 今年の経済成長見込めない中、観光客数の回復は明るい兆し

南アフリカ共和国の自然保護公園やビーチ、ブドウ畑が再び観光客でにぎわっている。通貨ランドの下落とビザ要件緩和で同国での観光が割安でアクセスしやすくなっているためだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。