円急落、経済対策規模拡大で売り加速-対ドルで一時106円台半ば

更新日時
  • 「日銀との合わせ技の期待感が復活したのでないか」-しんきんAM
  • 「日銀が何をするのかしないのかを見極めることになる」-みずほ証

27日の東京外国為替市場では円が急落。政府の経済対策の規模が拡大する見通しとなり、円売りが加速した。ドル・円相場は一時前日終値から1円88銭円安の1ドル=106円54銭まで円安が進んだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。