スイスは富裕層の資産の逃避先としての魅力低下-ヒンドゥージャ氏

  • 富裕層の投資家はシンガポールとドバイに資産を移行へ
  • スイスがバンキングで重要な地位を維持できるとは思わない

スイスの税制をめぐる透明性が向上したことを受け、プライベートバンキングの拠点の一つとしての同国の重要性は低下するとの見方を、インドの資産家ゴピチャンド・ヒンドゥージャ氏が示した。同氏はジュネーブにある一族のプライベートバンクの株主。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。