テスラ車は制限速度超過、オートパイロット使用の死亡事故で-米当局

  • 米運輸安全委が5月7日の死亡事故について予備報告書を公表
  • 予備報告書は衝突の理由について結論を示していない

5月7日に米フロリダ州で起きたテスラ車の死亡事故を調査している米連邦当局は、テスラ車がトラックと衝突時に制限速度を超過して走行していたことを明らかにした。事故発生時、一部の自律運転機能を持つ「オートパイロット」が使用されていた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。