1万7000円拒む春の悪夢、日銀ゼロ回答に身構える投資家-日本株市場

エコノミストのおよそ8割が追加金融緩和を予想する段階になっても、日経平均株価は心理的節目の1万7000円を抜け切れない。投資家の脳裏にあるのは、市場の期待に反し日本銀行が動かず、失望売りで急落した4月の悪夢再来だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。