FOMCは年内利上げ見送り、国債は上昇へ-アムンディ・アセット

アムンディ・アセット・マネジメントは、米連邦公開市場委員会(FOMC)が年内利上げを見送り、米国債相場は上昇に向かうと予想している。アマンディの運用額は1兆1000億ドル(約115兆円)。

  アムンディの債券世界責任者、エリック・ブラード氏(パリ在勤)はFOMCがインフレの押し上げに苦戦しており、今週の会合で政策金利を据え置くと予想している。同氏は日本や欧州などで国債利回りがマイナスなことも米国債の投資妙味を高めると指摘した。ブラード氏は25日、パリでブルームバーグのインタビューに応じた。

  ブラード氏は「市場は低調な経済成長や低インフレの下で圧力にさらされている」と述べ、「米国市場には多くの資金が流入している。この先数カ月間も流入が続くだろう。これは米国債にとっては支援材料だ」と続けた。

  ブルームバーグがまとめたデータによれば、「アムンディ・ボンド・US・アグレゲート」ファンドは過去12カ月間で6.6%のリターンを上げている。類似ファンドと比較した場合、80%でアマンディの運用成績が上回っている。

原題:Trillion-Dollar Manager Amundi Sees Treasury Gains as Fed Delays(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE