ブルーマウンテンがディストレスト債で損失、責任者が退社-関係者

ヘッジファンド会社ブルーマウンテン・キャピタル・マネジメントのディストレスト債責任者だったイーサン・アウアバック氏が退社すると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。運用していたディストレスト債ポートフォリオで今年、損失を出したという。

  関係者が匿名を条件に述べたところによると、同社は2015年もディストレスト資産で損失を出した。

  米ディストレスト債ヘッジファンドの1-6月の運用成績はプラス3.2%で、バンク・オブ・アメリカ(BofA)メリルリンチの米キャッシュ・ペイ・ディストレスト・ハイイールド指数のプラス25%を下回った。

原題:BlueMountain Distressed Debt Head Said to Be Exiting Amid Losses(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE