ブルーマウンテンがディストレスト債で損失、責任者が退社-関係者

ヘッジファンド会社ブルーマウンテン・キャピタル・マネジメントのディストレスト債責任者だったイーサン・アウアバック氏が退社すると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。運用していたディストレスト債ポートフォリオで今年、損失を出したという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。