エラリアン氏:米当局の低金利維持、「巻き添え被害」もたらす恐れ

独アリアンツの主任経済アドバイザー、モハメド・エラリアン氏は、米金融当局は極めて低い水準での政策金利の維持に伴うリターン減少や、政策アプローチが「意図しない影響」をもたらす可能性について認識する必要があると指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。