米新築住宅販売:6月は年率59.2万戸、2008年2月以来の高水準

6月の米新築一戸建て住宅販売は前月比で増加し、過去8年余りで最高水準となった。

  米商務省の26日発表によると、6月の新築一戸建て住宅販売(季節調整済み、年率換算)は前月比3.5%増の59万2000戸。これは2008年2月以来の高水準。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は56万戸だった。

  前月は57万2000戸と、速報値の55万1000戸から上方修正された。

  ドイチェ・バンク・セキュリティーズの米国担当エコノミスト、ブレット・ライアン氏は「回復はじりじりと続いている」と指摘。「根本的基盤が依然かなり住宅の支えになっている。今後1年程度は成長に着実に寄与するだろう」と述べた。

  地域別では全米4地域中、販売が最も伸びたのは西部で10.9%増。中西部では10.4%増の年率8万5000戸と、07年11月以来の高水準。南部と北東部では販売は減少した。

  新築住宅の在庫は6月末時点で24万4000戸。前月までは2カ月連続で24万1000戸だった。販売に対する在庫比率は4.9カ月と、前月の5.1カ月から低下し、昨年2月以来の低水準となった。

  新築住宅販売価格の中央値は前年比6.1%上昇し30万6700ドル。40万-50万ドルの住宅の販売が増えたことを反映した。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:New-Home Sales in U.S. Jump to Highest Level Since February 2008(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE