ロンドン高級住宅、EU離脱が打撃-開発業者が土地評価額を14%下げ

英不動産開発のキャピタル・アンド・カウンティーズ・プロパティーズは、ロンドンのアールズコート地区に持つ土地の評価額を14%引き下げた。英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けてロンドンの高級住宅価格が下落する兆候があらためて示された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。