フランスの教会で聖職者殺害、「イスラム国」が犯行声明

更新日時
  • 立てこもり犯は聖職者の首を切って殺害とフィガロ紙
  • 当局は対テロ捜査を開始、オランド大統領が現場から「結束」訴え

フランス・ノルマンディーの教会に人質を取って立てこもり同教会の聖職者を殺害した2人を、警察は射殺した。過激派組織「イスラム国」がこのテロ攻撃について犯行声明を出した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。