キャタピラー:4-6月利益は予想上回る、経費削減で-株価上昇

更新日時

米建設・鉱業機械メーカー、キャタピラーの4ー6月(第2四半期)の利益は市場予想を上回った。需要鈍化の影響に対抗するための経費削減の取り組みが奏功した。同社は鉱業機械の売り上げ低迷が最悪期を脱しつつある可能性があると述べた。株価は上昇した。

  26日の発表によると、4ー6月の利益は1株当たり93セントと、前年同期の1.31ドルから減少。一部項目を除く利益は1株当たり1.09ドルと、アナリスト17人の予想平均(96セント)を上回った。売上高は103億ドル(約1兆800億円)と、前年同期の123億ドルを下回った。

  ダグ・オーバーヘルマン最高経営責任者(CEO)は、長引く商品相場安でエンジンや大型トラック、ショベルの売り上げが落ち込む中で、同社の鉱業・エネルギー部門を再編。十数カ所の工場を閉鎖し、数千人規模の人員削減を実施した。

  26日のニューヨーク市場でキャタピラー株は前日比5.2%高の82.75ドルで終了した。

  同社は2016年通期の売上高について、400億ー405億ドルとの見通しを示した。4月時点の見通しは400億ー420億ドルだった。リストラ費用を除く1株利益見通しは約3.55ドルと、従来予想(3.70ドル)から引き下げられた。これはブルームバーグがまとめたアナリストの予想平均と一致する。

原題:Caterpillar Profit Tops Estimate as Cuts Mute Slump; Shares Rise(抜粋)

(詳細や株価を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE