英中銀委員:早期緩和を支持、QEも有効な手段-PMI予想外悪化で

イングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会(MPC)のウィール委員は、英国の欧州連合(EU)離脱選択が自身の予想以上に景気を動揺させていると述べ、早期に金融刺激策を講じることを支持する意向を示唆した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。