米マクドナルド、アジア2カ国のフランチャイズ権売却を予定-関係者

  • マレーシアとシンガポールでの売却を予定
  • 売却額は合わせて4億ドル以上に達する可能性

マクドナルドがマレーシアとシンガポールで期間20年のフランチャイズ権の売却を計画していると、事情に詳しい関係者が明らかにした。売却額は合わせて少なくとも4億ドル(約418億円)に達する可能性があるという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。