韓国の現代自:4-6月は10期連続の減益-中国での値引きが響く

韓国の自動車メーカー、現代自動車の4-6月(第2四半期)決算は10四半期連続の減益となった。同社最大の海外市場である中国でスポーツ型多目的車(SUV)「ツーソン」などの値引きが利益を圧迫した。

  26日の発表によれば、純利益は1兆6600億ウォン(約1530億円)に減少。ブルームバーグがまとめたアナリスト15人の予想平均(1兆6200億ウォン)は上回った。

  中国での販売台数は増加したものの、同社は「ツーソン」の買い手を呼び込むために値引きを推進。米国での販売も伸びが鈍化したほか、原油安と地政学的リスクでアフリカや中東市場が低迷し、同社の韓国工場からの輸出も落ち込んだ。

  営業利益は1兆7600億ウォンに増加し、アナリストの予想平均(1兆6800億ウォン)を上回った。

原題:Hyundai Posts 10th Consecutive Profit Decline on China Discounts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE