米アウターウォール、アポロが16億ドルで買収へ

  • アウターウォールの株主は1株につき、現金52ドルを受け取る
  • ストリーミング動画のダウンロードとの競争で収入は減少傾向

DVDレンタルのレッドボックスや両替機のコインスターを傘下に持つ米アウターウォールは、プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社アポロ・グローバル・マネジメントへの身売りで合意した。評価額は16億ドル(約1670億円)。

  25日の発表によると、アウターウォールの株主は1株当たり現金52ドルを受け取る。これは、同社取締役会が戦略的選択肢の検討を開始する前だった3月14日の終値に対して51%のプレミアムとなる。

  アウターウォールの株価は25日のニューヨーク市場で11%高の52.19ドルで終了。取締役会による戦略的見直しで身売りが決まるとの臆測で、株価は年初から先週末までに28%上昇していた。

  同社は4-6月(第2四半期)決算を28日に発表するが、電話会議は予定していない。ストリーミング動画のダウンロードとの競争でレッドボックスの収入は圧迫され、アウターウォールの2016年通期の売上高は11%減の19億6000万ドルが見込まれている。

原題:Outerwall to Be Taken Over by Apollo in $1.6 Billion Deal (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE