ヘッジファンドがカナダ・ドルに対しより強気、原油回復で-チャート

  カナダ・ドルの買越残高が19日終了週にほぼ3年ぶりの高水準に増加した。ヘッジファンドなど大口投機家が楽観的な見方を強めている。カナダ・ドルは1月に米ドルに対して13年ぶりの安値を付けた後、原油価格の回復に伴って上昇している。原油はカナダの主要輸出品の一つ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。