コメルツ銀、4-6月自己資本比率低下-オペレーショナルリスク反映

  • 純利益は前年同期比32%程度の減少
  • 正式な決算発表は8月2日の予定

ドイツ2位の銀行であるコメルツ銀行は、財務の健全性を測る主要指標が4-6月(第2四半期)に低下したことを明らかにした。オペレーショナルリスクを反映した会計上の調整を行ったことが影響した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。