韓国:4-6月GDP、前期比0.7%増に加速-市場予想上回る

更新日時
  • 民間消費と建設部門の伸びが大きく寄与
  • 前年同期比のGDP伸び率は3.2%

韓国の経済成長率は4-6月(第2四半期)に加速した。民間消費と建設部門の伸びが寄与した。

  • 韓国銀行(中央銀行)が26日発表した4-6月期の国内総生産(GDP)速報値は前期比0.7%増加。1-3月(第1四半期)は0.5%増だった
  • ブルームバーグが調査したアナリスト予想は0.6%増。前年同期比の伸び率は3.2%

  低金利で建設ブームが続いたほか、乗用車購入者向けの一時的減税措置を6月末まで延長したことが消費を下支えした。韓国中銀は今月、2016年のGDP成長率予想をやや引き下げ2.7%とした。債務を抱えた企業の再編や汚職防止法の施行、英国民投票での欧州連合(EU)離脱選択に伴う世界の不確実性といったリスクを理由に挙げている。

  オーストラリア・ニュージーランド (ANZ)銀行のアジア太平洋担当チーフエコノミスト、グレン・マグワイア氏(シンガポール在勤)はGDPが予想をやや上回ったことについて、「韓国中銀の政策委員会は進行中の財政・金融両面の刺激策がどのように景気支援につながっていくか見極める時間が稼げる公算が大きい」と指摘。その上で「労働集約的な重工業を中心とする企業再編の負担が年後半に経済の大きな重しとなるだろう」との見方を示した。

  • 民間消費は前期比0.9%増。前期はマイナスだった
  • 建設投資は2.9%増
  • 政府支出は0.2%増
  • 設備投資は2.9%増。前期は7.4%減

原題:South Korea’s Growth Improves on Consumption, Construction (1)(抜粋)

(第4段落にコメントを加えて更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE