LME亜鉛、1年ぶり高値近辺-供給不足観測や中銀の景気支援表明で

25日のロンドン金属取引所(LME)の亜鉛相場は上昇し、約1年ぶり高値近辺で推移。供給不足観測が広がっているほか、各国の中央銀行が経済の安定を支援する方針を表明し、需要見通しが上向いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。