ブラジル株:ボベスパ指数、下落-景気見通しとの比較で割高感広がる

  • 小売りのロジャス・レナーなど内需関連株が下げの中心
  • 部門の株式売却見通しでペトロブラスは高い

25日のブラジル株式市場で指標のボベスパ指数は下落。今年これまでの上昇で、同指数のバリュエーション(株価評価)はほぼ3カ月ぶりの高水準となっており、投資家の間で割高感から株式を敬遠する動きが広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。