ヤフー、ウェブ事業をベライゾンに売却で合意-現金約5100億円

  • 合意の対象にはヤフーの保有不動産も含まれる
  • 対象外の特許などは別個に売却される

ヤフーは中核のウェブ事業を米ベライゾン・コミュニケーションズに約48億ドル(約5100億円)で売却することに合意した。業界の草分け的存在だったが、グーグルやフェイスブックなど次々と新しいサービスを繰り出すライバルに後れを取り、インターネット企業としての歴史に約20年で終止符を打つことになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。